【オフレコ】ホテルでカードキーを使わずに部屋の電気をつける方法

良い旅してますか?
こんにちは!トラベルライター橘麗華です。

先日、都内のビジネスホテルに滞在してふと思ったんですが…

今の世の中、充電しなければならない機器がいっぱいありますよね。
スマートフォン、デジカメ、ノートパソコン…
iPad、apple watch…
などなど。

食事の間に充電したい!
交代で充電しないとコンセントが足りない!

と、思っても

出かけるためにカードキーを抜くと部屋の電気がすべて消えてしまう!!

みなさんはどうしているんでしょうか?
必要な機器のみ交代で充電しているんですか?
テレビや冷蔵庫のプラグを引っこ抜いて利用していますか?

ナンセンスですね(笑)

元添乗員だった私が、
当時仕事の都合でホテルマンからコソッと聞いた方法をお教えします!

念押しですが【オフレコ】情報です!!

あなただけにこっそりお教えしますので、
決して言いふらさないで下さいね!

カードキーじゃなくても部屋の電気をつけることができる?!

実はできちゃうんです!
ほとんどのホテルはカードらしきもので代用ができます!!

例えば、
ホテルなどの会員カード
ポイントカード
名刺(縦長に折った方がベスト)

など。
多少の厚みがあり差し込めれば何でもOKです!

カードキーでなく細長いキーでも同じです。

ボールペン
名刺(縦長に細く折るとベスト)

など。

なお、色々試してみて代用ができない場合は、
「何かを差し込んで電気をつけるタイプ」ではないので諦めるしかありません。

部屋の一部だけ電気をつけることは可能?!

こちら以外に困っている方が多いようで…
当然できます!

少々スイッチの位置が分かりにくい場合もありますが
各部分で電気をつけたり消したりすることは通常可能です。

格式のある高級なホテルほどスイッチがバラバラなので注意です。

また、老舗ホテルは「何かを差し込んで電気をつけるタイプ」を後付けしているので
電気系統が意味不明なくらいバラバラの時があります(笑)

おおよそのスイッチの場所です。

・ルームライト

カードキーを差し込んだ周辺

・出入り口ライト

カードキーを差し込んだ周辺

・バスルームライト

バスルームドア付近
*換気と一緒になっていることが多い
*独立していることが多い

・デスクライト

デスク周辺

・ベッドの読書灯

ベッド横にあるサイドテーブル

・ベッドの枕元上部のライト

ベッド横にあるサイドテーブル

・フットライト

ベッド横にあるサイドテーブル

・スタンドライト

スタンドライトがある周辺の壁
スタンドライトのコードにあるスイッチ
ランプシェードの中
*独立していることが多い

・バルコニーなどのライト

バルコニーに出るドア付近
*ない場合はホテル一括管理となっており一定の時間になると消える

・エアコン

壁に設置してある操作パネル
エアコン用リモコン

・テレビ

テレビ用リモコン
*独立していることがある

カードキーを抜くと確実にエアコンはOFFになることが多いです!
なので、暑い日などは何かを差し込んでおいた方がいいかもです。

たまにカードキーを抜いてもテレビだけついている時があります…
すべて電気が消えると思っていると超不気味に感じますよ(笑)

そもそもなんでカードキーをささないと部屋の電気をつけられないのか

省エネ対策の一環です!
少しでもムダなエネルギーを節約しようと地球のために始めたのがきっかけです。

が、ホテルとしても電気代の節約になりますから一石二鳥。
あっという間に広まった訳です。

自宅では節電を心掛けていても、
ホテルなどに宿泊すると色々つけっぱなしにしてませんか?


宿泊代を安く提供しないとお客様が来ない…
だけど電気代など必要経費は馬鹿にならない…

各部屋の電気はカードキーを差し込んでつける!
ことは、
ホテルにとってグッドアイデア!!
だったんです。

つけっぱなしにできるような方法をお教えはしましたが、
以上のことを決して忘れないで下さいね!

コンセントが少ない場合の対処法

これはどうしようもないです…
事前にタコ足を用意するしか方法はないですね。

最近ではコンセントだけでなくUSB版のタコ足もあります。
ドンキホーテか家電量販店、通販などで売られていますのでご参考に♪

100円ショップにもありますが、性能がちょっと…
と、私は思います(笑)

本当は日本国内であまり使用してはいけない海外用変圧器

私は海外旅行用変圧器を利用しています。
日本国内でも使えるものなので…

ちょっと重いんですが、常に旅行の際は所持しています♪
コンセントが3つ、USBが4つあり大変便利!!

しかし!

とある大手電機メーカーの方々の添乗をさせていただいた際に、
これはあまり国内では使わない方がいい…
とアドバイスが!

しょせんは変圧器なので充電したらおかしくなることもあるとか。
便利なんですが利用する際は自己責任でお願いします!!



えぇ〜そうだったの!!

って方も、

へへへ…そんなことぐらい知ってたさ!!

って方も、
言いふらさずにコソッと実践して下さいね。

そして、省エネ対策の一環だってことも決して忘れずに!!

それでは Have a nice trip!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする