baggage160【バゲージヒャクロクジュウ】ついに始まる!

STAY HOMEを満喫してますか?
こんにちは! 橘麗華です。

突然ですが、あなたは覚えていますか?

数ヶ月前にアップした新幹線に関する記事なんですが…

これですね↓↓↓(笑)

良い旅してますか? こんにちは!トラベルライター橘麗華です。 先日知ったニュースなんですが… どうも引っかかってしまって… ...

JRさんもやるなぁ。
コロナ禍の真っ最中にネーミングをシレっと発表して、
オリンピック・パラリンピック開催が延期になったのにもかかわらず

明日、5月20日から

始めるとは!!

あとで慌てないためにも、
今のうちに思い出しておきましょうね!

baggage160【バゲージヒャクロクジュウ】とは?

新幹線の車両で一番後ろにあり、
大きめの荷物が置けるあの席が、

特大荷物スペースつき座席

となり、今後は事前予約しないと利用できません

縦・横・高さの3辺の合計
160cm以上250cm以内の荷物を持ち込む場合に
この席の予約が必要となります。

JR各社の案内を見比べましたが…

一連の流れがマァマァ分かり易いのがこれでした↓↓↓

特大荷物は荷物スペースつき座席をご予約ください。


航空会社が機内で離陸前に放映する
「非常設備等のご案内」みたいですが(笑)

一度見れば、かなり理解できると思いますよ!

baggage160 は1000円の追加料金がかかる?!

新幹線に乗る時、大きい荷物は1000円余分に取られるぞっ!

と、早とちりしがちですが…

特大荷物スペースつき座席を事前に予約すれば
通常の料金で乗車できます。

事前に予約しなかった場合に手数料として1000円取られ、
乗務員が指定する場所に荷物を置かなければなりません。

baggage160 で自由席利用はどうなるの?!

フタを開けてみないとわかりません(汗)
JRさんもまだハッキリさせてないんですよね…

特大荷物スペースつき座席
自由席や一部指定席には設定していないらしいので、

事前予約せず1000円取られた荷物置き場とするか…
名称の通り自由に使ってくださいとするか…


いずれにしても臨機応変な対応をすると思われますが、
確認したい場合は以下をご参照ください。

JR東海の該当ホームページ↓↓↓
https://railway.jr-central.co.jp/oversized-baggage/

baggage160 が対象でない新幹線もある?!


ひっかけ問題みたいで、すみません(笑)
上記の動画を見たあなたなら、もうお分かりですね!

現状は、東海道・山陽・九州新幹線のみです。

なので、同じ新幹線でも
東北・上越・北陸・山形・秋田・北海道は対象外なんです!

まぁ、今のうちだけだと思います…

全新幹線がこの制度を導入するか、
数年後、廃止されるかのどちらかでしょうね…

baggage160 を訪日外国人にも教えてあげよう!

日本を訪れる外国人の中には、
JAPAN RAIL PASS ジャパンレールパス
を利用する方々も多いと思います。

なぜかというと…
超お得にJRを利用できるからです!

期間中ならJR各社の鉄道とバスが乗り降り自由で、
しかも指定席まで利用できちゃうんです!

ただし、新幹線は「のぞみ」と「みずほ」の利用は不可で、
グランクラスも追加代金が必要ですが。

それでも安いし、便利なので
東京⇄大阪間を新幹線で移動する外国人が多いんです。

それこそ、特大荷物を持っての乗車になる可能性が高いですよね?
見かけたら、快くお教えてあげましょう!

ちなみに、英語では
baggage160【バゲージワンシックスティ】らしいです。

念のため、JR東海の英語版該当ホームページはこちら↓↓↓
https://global.jr-central.co.jp/en/info/oversized-baggage/



旅行や帰省など、家族で動くとなると
どうしても荷物が多くなってしまいます…

大型スーツケース1つにまとめるか…
それぞれ小型カバンにするか…

今後は、それが問題になりますね。

くれぐれも出かける前の内輪揉めには注意しましょう(笑)

それでは Stay at home, save lives! Just a little more.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする