美ら海水族館のお得なチケットや穴場の時間帯など教えちゃいます!

良い旅してますか?
こんにちは!旅人 橘麗華です。


2002年にオープンした美ら海水族館。
早いもので、もう16年も経つのねぇ。
行きたくてもそっち方面に仕事がなかったため、ズゥ〜と行けてなかった(T T)

が、自由の身になりようやく念願を叶えました!!

やっぱり凄いです!
スケールとダイナミックさが違う!
みんな行きたがる訳がようやく分かりました(^ ^)


今更ですが、美ら海水族館の魅力やプチ情報をご紹介しますね。
これから行く方はぜひ参考にして下さい!!

巨大水槽「黒潮の海」で優雅に泳ぐジンベイザメとマンタに出会える!




黒潮の海」は美ら海水族館のメインスポットです。
2匹(2頭かな?)のジンベイザメやマンタ、カツオの群れが優雅に泳いでいます。
ずっと見ていても飽きません。

マンタはたまに宙返りもしますよ。

どんだけ見てたんだ?って突っ込みたくなるでしょう?
実は2時間くらい角度を変えながら見てました(笑)

美ら海水族館の入口は3階にあり、1階と2階部分に巨大水槽があります。

2階には観覧シートが設けてあり座りながら見ることができます。
定期的に行われている餌やりやスタッフによる案内や説明を聞くにはいい場所です。

しかしやっぱり少し遠い!

ということでほとんどの人が1階へ下りてしまいアクリルパネルにへばりついて離れない訳です(笑)

間近で見るとジンベイザメにくっついているコバンザメに気が付いたりと可愛さアップです!
頭上を通過していくジンベイザメやマンタを見ているとダイバーの気持ちが分かりますね。

2時間後にはすっかり次の夢を見させて貰えましたよ。
海に潜って生でマンタに会いたいと。

ライセンスも持ってないし、泳げないのにねぇ(笑)

しかし、夢はジンベイザメのように大きくです!

カフェオーシャンブルーでジンベイザメとお食事を!




1階の奥にある「カフェオーシャンブルー」はとってもおすすめです!
すっかりお気に入りになりました!

巨大水槽の一角に造られたファーストフードのカフェなんです!

窓側ならぬ水槽側の席が確保できれば
なんとジンベイザメやマンタと一緒に食事やティータイムができてしまうんです!

席確保のために熾烈な戦いがありますが、それだけの価値は十分ありますよ!
  
本来ならこのような場所には高級レストランが入っていてもおかしくありません。
席はウエイターが指定して高いシーフード料理を食べさせられる…
都会ではよくありますよね。

しかしさすがは沖縄です!
すべてリーズナブルな料金メニューでオール自由席
譲り合いの精神を尊重している訳です。
(従業員が少ないだけかもしれませんが…まぁその点は目をつぶっていただいて…)

あなたもぜひ十分満足できたら次の方へ席を譲ってあげて下さいね。


ジンベイザメをはじめ色々な魚たちが目の前を通過していく…
優雅な姿を見ながらの食事やティータイムは非日常的でなんだかとてもリラックスできます。
おすすめのカフェです。

沖縄でマリンアクティビティをするなら必見!




沖縄に来てダイビングやシュノーケリングなどをほとんどの人はするでしょうね。

海の中を見て
うわーキレイー!この貝殻キレイー!このサンゴキレイー!この魚キレイー!
って触りたくなりますよね?

でもそう簡単に触れちゃダメです!

ほらっよく言うじゃないですか、美しかったり綺麗だったりするものにはトゲがあるって。
まぁ私を含めてですが(笑)

沖縄にも似たような言葉がウミンチュの間であるんです。
キレイなものには毒がある!

トゲではなくあるのは毒なんです!
なかにはハブのような猛毒を持つのもいて命に関わるんです!

それを教えてくれるのが美ら海水族館にあってサンゴの部屋という場所です。
とても分かりやすくなっていますので為になりますよ。
また沖縄近海にいる海の生物が展示してあるので参考にもなります。

早くジンベイザメに会いたい気持ちも分かりますが、マリンアクティビティを楽しむ為には、ここはしっかり見ておいた方がいいですね。

ショップブルーマンタでこんなお土産みぃ〜つけた!




美ら海水族館の出口前には「ショップブルーマンタ」がありお土産を購入できます。

これがまた買っちゃうんですよね、色々。
いい歳してジンベイザメのふわふわぬいぐるみとマンタのキーホルダーを買っちゃいました(笑)

美ら海水族館オリジナルのクリップはお土産としてもいいんじゃないでしょうか?
コンパクトで軽い。日常やオフィスで使える。デザインもかわいい。
とお土産の三拍子そろってます。

クリップが紺色のジンベイザメ、黒色のマンタ、緑色のカメ、青色のイルカ、茶色のマナティの形をしてます。
素直でない大人な私は、どうしてもマナティに見えなくて(笑)

ぜひ買って確かめてみて下さい。

入館は16時以降にするとチケットがお得に!


旅行会社やらホテルやらコンビニやらで割引チケットが色々売られていますがこちらもお得ですよ。

美ら海水族館のチケット窓口で売られていますが「4時からチケット」というものです。
入館が16時以降であれば購入できます。

  通常料金(大人) ¥1,850   4時からチケット ¥1,290

560円もお得です!

ぜひ検討してみて下さい。

穴場の時間帯はここだ!


ズバリ!穴場の時間帯は
開館直後の8:30〜10:00頃までと15時以降です。

というのは、ツアー客などは朝食を食べた後ホテルを出発して来ます。
宿泊先が那覇市内だと早くてもだいたい8時出発がほとんどですからね。
恩納村などのリゾートホテル宿泊でも朝食後の出発なので美ら海水族館到着は10時頃。

団体客を避けてゆっくり見たいのであれば8:30〜10:00までがベストです。

また逆にツアー客の場合は15時頃に美ら海水族館を出発しないと宿泊先にたどり着けず、夕食時間が遅くなります。
よほど近隣ホテルに宿泊していない限りツアー客は15時以降激減します。


このようにタイミングを見計らって入館するとアクリルパネルにへばり付ける時間が長くなりますよ(笑)


所要時間はこんなもんで大丈夫でしょ!


1時間30分から2時間くらいをみておけば大丈夫でしょう。
じっくり個水槽ひとつひとつまでみているともっと必要でしょうが…

ジンベイザメとマンタがいるメインスポットの「黒潮の海」だけなら45分から1時間ですかね。でもかなりもったいないです。


ちなみにショップブルーマンタ滞在時間を入れるともう30分は追加した方がいいかもしれません。ここで結構時間かかるご家族見ましたから(笑)

ますます便利になりました!那覇空港からのアクセス


那覇空港から直行バスがあり約2時間20分くらいです。
直行バスの本数が増えたので便利になりました!

なかでもおすすめは沖縄エアポートシャトルです!
大人片道2000円で那覇空港から恩納村経由で海洋博公園前まで行けます。
途中、恩納村のナビービーチでトイレ休憩もありますよ。

那覇空港国内線ターミナル1階の観光案内所で往復券を購入でき大人3200円です。
空港発着にしないと往復扱いにならずお得になりませんのでここがポイントですね。


沖縄本島へ旅行に行ったら、美ら海水族館はやっぱり行った方がいいですね。
最高におすすめの観光地です!
ぜひお得にじっくりと楽しんで下さいね。


それでは Have a nice trip!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする