宿泊先が空いてない!GW・お盆・年末年始・連休の宿泊予約のコツ

良い旅してますか?
こんにちは!旅人 橘麗華です。


ゴールデンウィークやお盆、年末年始、連休などで
うわー 宿泊先もう空いてない わー!
ってことありますよね?

遅すぎた?!
いつから予約始まってるの?!
もう満室ってどういうこと?!

その疑問にお答えします(笑)

ついでに…
諦めるのはまだ早い!
です。

タイミングが良ければ空いてくる可能性も十分ありますよ!

それにはちょっとしたコツが必要です。
それをお教えしてしまいましょう!

宿泊予約の検索はひとつではなくいくつかで!

色々ありますが、ひとつだけではなくいくつか検索するのがおすすめです。
私の場合は、

楽天トラベル
じゃらん
Booking.com

をメインとして、全く空いてなければ

るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
名鉄観光

方面によっては

沖縄ツーリスト
阪急交通社

などなど…

旅行会社は手持ちの客室というのを持っている場合があるので要チェックですよ!

同じ宿泊先でもサイトによって金額が違うこともあります。
朝食が付いたり付かなかったりというのもあります。

ここまでやると少々プロ並みの検索の仕方かもしれませんが(笑)

楽天トラベルとじゃらんくらいは見比べてみた方が良いですね。

いつから宿泊予約は開始される?

通常、旅館やホテルの宿泊予約受付開始は6ヶ月前からです。

チェーン展開しているホテルなどは3ヶ月前からです。

会員などになっている場合はそれより前から予約受付を開始しています。

よってあなたがもしもどこかのホテルの会員ならば
すぐに会員専用の予約サイトで確認をして下さい!

場合によっては会員用に空いていることもありますよ。

高級旅館やホテルの場合はコネクションが大切!

高級旅館や高級ホテル、もしくはイベントが絡む旅館やホテル
例えば花火大会とか駅伝とか毎年決まっているイベントが客室から見える旅館やホテル
その日の分だけ1年前からすでに予約を水面下で受付してしまっています。

いやぁ〜とても良かったよ。来年も頼むわ!
はい、かしこまりました、〇〇様!
みたいな…

年末年始も該当する旅館やホテルが一部ありますね。

こればかりはどうしようもないので
この方々が都合が悪くて泊まれなくなったのを素早くキャッチして
予約するしか正直ないです。

旅館やホテルの支配人などと仲良くなって情報をもらう

ことをすれば予約できるかもしれません。

宿泊した際にいかにコネを繋いでおくかがとても重要となります。


もっとも重要なコツはこれだ!

空室を調べるタイミングが重要です。
ずっとスマホやパソコンとにらめっこしていなくてもいいんです!

そのタイミングは
朝6時から7時台
前日の予約・変更状況で空室が出てくるタイミング

10時台
前日と当日の予約・変更状況で空室が出てくるタイミング

正午
当日の予約・変更状況で空室が出てくるタイミング

15時台
チェックイン時の状況で空室が出てくるタイミング

17時〜18時台
チェックイン時の状況で空室が出てくるタイミング

なんです。
これならパパッと調べられますよね。

狙い目①宿泊日の20日前

旅行会社が旅館やホテルに部屋を返すタイミングです。

ツアーで企画した際におおよその部屋数で予約しています。
バス1台40名として20室プラス1〜3室予約するのが常ですね。

ツアー出発の20日前くらいにおおよその人数と参加構成、つまり
夫婦で参加なのか…
家族なのか…
で実際利用する部屋数がわかるので旅館やホテルに部屋を返します。
参加構成で家族連れやグループが多いと返す部屋も多くなる訳です。

狙い目②宿泊日の7日〜10日前

旅館やホテルが客室調整をして出てくるタイミングです。

旅館やホテルが客室調整をしている時期がこのくらいです。
おおよその宿泊者数と部屋数を把握します。

これには旅行会社から返された部屋も含みます。
ツアー以外の部屋で大手旅行会社に渡している部屋があるんです。
通常は5室くらいですが多いところだと15部屋くらい渡しています。

いわゆるパンフレットの個人旅行分ってやつです。
宿だけでも予約可能なパンフレットってありますよね。
その分です。

旅館やホテルとしても売れ残りをギリギリで返されても困ります。
なのでこれくらいに客室調整をしている訳です。

旅行会社としても全くないと困るので1〜2室は残してますけどね…
それが売れないと後からまた出てくることになります。

狙い目③宿泊日の3日前

取消料がかかる前ギリギリに取り消しをしてきた部屋が出てくるタイミングです。

特にピーク期と言われるゴールデンウィーク、お盆、年末年始などはあります!
部屋が急にコロッと空いて出てきます!

いくつも予約していた方々が

よし!ここに泊まるぞ!

とようやく決心して仮に予約した分を取消します。

その分の客室が出てくるという訳です。

結構ギリギリまで悩むんですよねぇ。

まぁ稀ですが、旅行会社で万が一のために個人名で予約しておいて取消
ということも無くにしもあらずです…


またこの時点で、旅館やホテルではお客様名と部屋番号の結び付けをします。
〇〇様○名、XXX号室のような…

ここで二重に予約されている方への最終チェックも入ります。
グループなのか間違えて予約しているのか…
の確認です。

同じ名前が2つも3つもあるとおかしいですよね?

そんなことないだろ?
と思うでしょ(笑)
以外とあるんですよ、実は!

インターネットからの予約と旅行会社からの予約とか…
奥様と旦那様がそれぞれ予約しているとか…

必ずチェック入りますからご注意下さいね。


狙い目④宿泊日の2日前〜前日

旅行会社から最終的に返ってきた部屋と飛び込み客用の部屋が出てくるタイミングです。

旅行会社が客室調整時にキープした1〜2部屋が結局売れ残り
旅館やホテルに返ってきた分です。

あとは飛び込み客用の部屋です。
旅館やホテルでは何室かキープしている部屋があります。

泊まりたいんだけど、空いてない?

と申し出てくるお客様用にです。

たまに日付を間違えて来てしまったお客様用にも利用します。
来てしまっていてはどうしようもないですからね。

一度帰って出直して下さいともなかなか言えませんから、立場的に。
その部屋がポロポロと空いてくるという訳です。


そうそう、チェーンホテルのTは特に狙い目です。
むちゃくちゃポロポロ出てきます(笑)

まだ持っとったんか!

ってこちらが言いたくなるくらい出てきます。

要チェックですよ(笑)

狙い目⑤当日でも突然空いてくる

当日でも諦めてはいけません!
旅館やホテルが飛び込み客用の部屋をまだ出してくるんです!

読みを間違えた場合はものすごくたくさん部屋が空いてきていることもあります。

ただし、注意して欲しいのは
最終的に部屋が全く出てこなかった時のことを考えておかなければなりません。

当日の午後でも部屋が出てこない場合は

カプセルか…
スーパー銭湯か…
カラオケボックスか…
車内か…
オールナイトか…
野宿か…

も検討しなければならない時期です。


それでも大丈夫であれば粘り強くチェックして下さい!
私はやってますが(笑)




とりあえず、まずは
ここでもいいかなぁ
という宿泊先を予約しておいてから、

あっそうそう、その場合は
取消料がいつからかかるか
事前に入金が必要か
きちんと把握しといて下さいね。

その上で上記のコツを利用して狙いを定めていく感じです。

あと、希望の宿泊先が予約できたら、他のはすぐに取消することを忘れないで下さい。
同じように探している方へ譲ってあげることも忘れないで下さいね。

希望の宿泊先が予約できることを心よりお祈り申し上げます!


それでは Have a nice trip!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする