台風が来る!飛行機やJRが止まりそう!その時YOUはどう動く?

良い旅してますか?
こんにちは!トラベルライター橘麗華です。

台風が来そうだ!
予約した飛行機や新幹線はどうなるんだ!

どうしよう…
とりあえず何をしたらいいんだ?

と思いググっていたら、
ここへ辿り着きましたか(笑)

ありがとうございます!
そんなあなたをお助けしますよ!

事前に対策ができるのが台風だ!

台風は予想進路が発表されます。
おおよそどこへ向かっていきそうなのか…
が、事前に把握できる訳です。

航空会社やJRなどの交通機関も台風の動きを把握しています。
それにともない台風対策ってのがあるんです。

無手数料で便の変更ができたり、払戻しができたりします。
これ、チョー難しくって早すぎてもダメなんです!

タイミングが重要で本部からの指示がないと無手数料にはなりません。
各ポジションに通達が一斉配信されてきたらなんです。

ただ、目安はありますね。
6時、9時、12時、15時、18時です!

この時間帯に気象庁が発表する台風進路予想でだいたい判断されます。
だから、私たちもこれを参考に動くことができますよ!

【飛行機】を予約している場合

予想進路の円内に利用する空港が入っていたり、入りそうな時は
予約した航空会社のホームページをまず確認しましょう!

運航の見通し
って、ところです。

台風〇号による運航への影響について
とあり、飛ばないかもよって親切に警告してくれてます。

ついでに、対象空港に関しては変更や払戻ししますってあるんです!
で、対象空港を調べます。

利用する空港が対象になっていれば、
無手数料で変更および払戻しが可能です!
通常なら変更ができない早割で予約してあっても大丈夫!

あとは、予約便の出発予定日から10日以内に手続きをしましょう!
電話しても、空港カウンターでも、最寄りの旅行会社でもOKです。

その際は、台風○号で欠航したと伝えて下さいね。

【新幹線】を予約している場合

最近、新幹線は台風に強くなりましたね…
ギリギリまで走らせますよ。

なので、行ける場合は駅まで行った方がいいです。
徐行したり、止めたり、走ったりを繰り返しながら動きます。

運休かそうでないかの判断は
NHKの台風情報テロップやホームページで確認しましょう!

完全に運休となったら、5日以内にみどりの窓口で手続きをしましょう。
台風○号で運休になったと申し出ると無手数料払戻しをしてくれます。

動くか、止まるか…
判断が難しい時は早めに駅へ行って乗っちゃいましょう!
指定席券の場合は自由席に乗れます。

混乱を避けるために駅員によっては
どんな券を持っていても乗っていいと言ってくれる場合が高いです。

あとは、あなたの交渉しだい。
動いているうちに乗りたいんじゃ!
と、猛アピールして下さい(笑)

【JR・各私鉄の特急】を予約している場合

新幹線は動いていても、こっちが運休になってしまっていることが多いです。

運休かそうでないかの判断は
NHKの台風情報テロップか各社ホームページで確認しましょう!

完全に運休となったら、5日以内にみどりの窓口で手続きをしましょう。
台風○号で運休になったと申し出ると無手数料払戻しをしてくれます。

動いているうちに乗りたい場合は
早めに駅に行って交渉してみて下さい。

ただし、乗せてくれる可能性は低いです。
途中で止まってしまうことの方が多いですから…

【フェリー】を予約している場合

台風が近づいている時に最も注意が必要なのがフェリーです。
高潮の影響で、びっくりするほど早めに運休となりますよ!

沖縄と台湾の間で台風が発生したら疑った方がいいです。
シラッと運休になってることも(汗)

まずは各フェリー会社のホームページで確認をしましょう!
そして各部署に連絡をします。

あとは、連絡した先の指示に従って下さい。

△△△営業所の〇〇さんに台風で乗船できない旨連絡した!
と、必ずメモって下さいね。
払戻しの手続きの際に必要な場合もありますから。

後日でも、台風が理由で運休なら無手数料払戻しになります。

【高速バス】を予約している場合

利用するバス会社のホームページで運行するかの確認をしましょう!
道路状況によっては早めに運休となる場合もあります。

運休の場合はバス会社か予約した会社に連絡をします。

その際、△△△の〇〇さんに連絡した!
と、必ずメモって下さいね。
払戻しの手続きの際に必要な場合もあります。

あとは、連絡した先の指示に従って下さい。

後日でも、台風が理由で運休なら無手数料払戻しになります。

【宿泊施設】を予約している場合

忘れがちなのが、ホテルや旅館など宿泊施設への連絡です。

台風で交通機関が運休となり、行けなくなってしまった!
もしくは
台風で交通機関が運休しそうで、行けなさそうだ!

てな場合も諦めずに、まずは宿泊施設へ連絡をしましょう!
理由を説明して、とりあえずキャンセルをします。

キャンセル料については、ここで交渉して下さい。
そして、誰に話したかも忘れずにメモって下さいね。

ポイントは宿泊施設へ直接連絡をすることです!!
予約先ではありません。

時と場合によりけりですが、高確率で無手数料扱いになります。

【食事場所・現地オプショナルツアー】を予約している場合

こちらも忘れずに台風で行けない旨を連絡しましょう!

そうですか…
となり、ほとんどの場合キャンセル料を取られることなく取消ができます。

たまぁに、材料費だけでも払って欲しいと言われることがあります。
高級な食事場所を予約しているとその傾向が強いです…

【旅行会社】で予約をしている場合

ツアーの場合は、当日の緊急連絡先に連絡をして下さい。
そしてスタッフの指示に従って下さいね。

NHKの台風情報テロップや各ホームページを確認して、
利用する交通機関が運休だったり、
集合場所へ行けないような場合
無理に動かなくて大丈夫です。

連絡先に繋がるまでひたすら電話して下さい。
最悪、予約した旅行会社窓口でもOKです。

ツアー代金が全額返金になります。

交通機関や宿泊先をバラバラで予約している場合も
とりあえず旅行会社へ連絡して下さい。

旅行会社が定休日の場合は、上記を参考にして各箇所へ連絡します。

後日、△△△の〇〇さんに連絡しました!
と旅行会社窓口で申し出てると、無手数料払戻し手続きをしてくれます。

【海外旅行】を予約している場合

国内線と違い、国際線は台風が近づいていても飛ばすことがあります!

通常、2時間前に空港でチェックインをしますので
予定より早く飛ばしたり、台風が通り過ぎるのを待って飛ばしたりします。

なので、早めに空港へ行き待機しましょう!

確実に欠航
NHKの台風情報テロップや各航空会社のホームページに出たら
無手数料払戻しとなります。

予約した箇所へ連絡をしましょう!

海外ホテルやオプショナルツアーは残念ながら
台風が理由で無手数料払戻しにはなりません。

これはもう、諦めるしかないです。

少額でも戻ってきたらラッキーなくらい…



数ある自然災害の中でも台風は予想ができます。

なので、航空会社をはじめとした交通機関や宿泊施設なども
台風時の対応がきちんとしているんです。

各機関に通達として一斉配信されますから
台風が通り過ぎた後でも対応してくれますよ。

格安だからと諦める前に、
行動して各機関に連絡をしましょう!

それなりの対応を必ずしてくれますから!

最後に、自分でも台風を察知したい場合は
こちらの記事を参考にして下さいね♪

良い旅してますか? こんにちは!トラベルライター橘麗華です。 ようやく令和最初の台風になりましたね! このまま熱帯低気圧で日本を通...
まぁ、ウェザーニュースには敵いませんが…(笑)

それでは Have a nice trip!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする